歯のお話し

Pocket

歯の印象

芸能人は「歯」が命なんてCMがはやったことがありましたね。

初対面でも、歯の印象はかなり強烈に残ります。白い、きれいな歯には、何か魅力を感じてしまいます。

健康な歯を持つ方は、きっと小さいころから、かなり意識して歯磨きなど、デンタルケアをされてきたのではないでしょうか?

恥ずかしながら、私は幼少時、かなりの「味噌っ歯」で歯はボロボロでした。

八尾です 
八尾です 
最近の子供たちは、あまり「味噌っ歯」見かけませんね

挙句の果てに、貧乏でしたので、虫歯になっても歯医者に行かしてもらえず、大きな穴が開いても、

正露丸を詰めておけば大丈夫などと、ひどい対処をしていた「ツケ」が、今回ってきているところです。

しかし、考えてみると、生きていくうえで「歯」はとても重要です。

食べ物を、かみ砕く、咀嚼する、唾液で消毒、殺菌するなどなど、体を守る玄関口の役割も果たしてくれています。

本当にそうですね
Bさん
Bさん

昔から、よく噛んで食べなさいと言われ続けていますが、

現在の食物は、みな「飲み物」化してしまっているものも多いようです

また、かつては、歯が折れんばかりに固いせんべいなどもたくさんありました。

今では、硬焼きせんべいを食べると、歯が折れる子供もいるとか。

京都名物の、「八つ橋」もかつては、結構固めのお菓子でしたが、今は「おたべ」という柔らかいものに変身しています。

Aさん
Aさん
びっくりしますね!

かみ砕く効果

物をかみ砕くという作用は、脳にも影響があると言われています。

しっかり噛み締める癖は、脳にも良い作用を及ぼすようです。

それができていないと、何事も「丸飲み」してしまうようになるかも・・・。

怖い話ですね!
Bさん
Bさん

ただ、強い力で噛み締めすぎてもいけないようです。

特に、ストレスなどがたまると、

どうしても「歯を食いしばる」状況に陥り、知らない間に力が入ってしまうのです。

私も、かつて大変だった時期にこのような状態に陥り、右の奥歯を自分で噛み割ってしまった苦い経験があります。

歯医者さんに叱られて、もっとリラックスするように指導を受けました。

それで「マウスピース」を勧められ早速つけてみました。

その結果、夜間の歯ぎしりなども消えて、あごの疲れやだるさなども取れた感じでした。

八尾です 
八尾です 
すごく楽になったことを覚えています

その歯医者さんには「ルーズティース」(日常は軽く口を開けた状態で、歯をかみしめない)

の時間をなるべく作りなさいと言われました。

歯と歯を、噛み締めない時間を少しでも作るだけです。

同じような症状のある方は、一度是非チャレンジしてみててください

いざという瞬間には、どうしても食いしばってしまいますが、

八尾です 
八尾です 
日常的には、なるべく歯の「リラックス」タイムを設けることが、心身の健康にも役立つようです。

前の記事

耳について

次の記事

呼吸の女神について