脳のすごさ

Pocket

八尾です 
八尾です 
皆さん こんにちは

我々昭和の世代では、脳について現在のように詳しい情報はなかった気がする。
老化するとだんだん脳みそも弱って、しわが減っていくとか・・・。

さて、脳は重さ約1500グラムの、灰褐色の塊です。全体重の2-3%に当たります。
類人猿と比べると約3倍の大きさ。しかし、エネルギーは、体全体の20%も消費します

脳細胞は100億以上と言われ、大脳新皮質には、1000個のニューロンが存在しています。このニューロンを人に例えると、一Mの身長で手足が20キロもあるという姿です。

Bさん
Bさん
えー!すごい

このニューロンは、一日で0.1%が交換されていきます。ひと月では3%。一年で36%
三年もたつと、108%と完全に入れ替わるのです。

特に妊娠の7-12週の間に細胞は少なくても14回分裂を繰り返します。2の14乗に当たります。たった6週間の間に、一つの神経幹細胞から、約15000個の新たな細胞が生まれます

脳の中に10万個あれば、6週間で15億個にまで膨らむのです。
この新生ニューロンが、我々の心身に様々な好影響ももたらしてくれるのです。

ただ、この新生ニューロンは、非常にストレスには弱い性質を持っています。
しかし、非常に柔軟性もあるという性質を持っています

なるほど!
Aさん
Aさん

最近でも、よく言われますが、適度な運動、食事、睡眠は、この新生ニューロンを活性化させるにも非常に効果をもたらします。先人が言い伝えてきている言葉には、やはり裏付けもあるようです。

この細胞は、再生医学でも注目され、かのips細胞も神経幹細胞に当たります。
かつては、年を取ると脳は次第に老化してくるのが常識とされていました。

しかし、この新生ニューロンは、年齢に関係なく上記のような入れ替わりが起こります。
生活習慣や考え方を変えれば、

         いつまでも生き生きした脳は保てます。

そのためには、脳がなるべくストレスをためないように心がけることが必要ですね。

八尾です 
八尾です 
リラックス、リラックス

次の記事

心の三毒について