生体のリズム

Pocket

体内リズム

我々の体には、様々なリズムがあります

生活の中でこのリズムが狂うことは、非常に心身に悪影響も及ぼします。
日々の自分のリズムを守りながら、良いリズムつくりに心がけましょう。

秒単位から見ていくと、

瞬き、心拍、呼吸、血の循環速度、胃腸の顫動、内分泌液の変化速度などは、ほんの一瞬のリズム感です。

毎日、見えないところで、本当に忙しく支えてもらっているのですね
Bさん
Bさん

日周期になると、血圧変動、体温、睡眠と覚醒、舌の味蕾の寿命、などなどがあります。

Aさん
Aさん
味蕾の寿命は知らなかった!


月単位では、爪の成長(10日で1ミリ)、赤血球の寿命(120日)頭髪の成長(ひと月で1センチ

などがあります

八尾です 
八尾です 
そういえば、最近髪の毛延びるのが遅くなってきたような・・・

季節性には、肝臓の細胞の寿命(約5ケ月)、うつ病は冬に多い、自殺も多い、一昔前は5月病

などという言葉もありました。

八尾です 
八尾です 
気候変動や、各種災害などの状況も加味されますね

そういう意味では、最近特定の時期ではなくなってきている傾向もありますね。

また、年単位になってくると、太陽の黒点周期は11年、聴力は30歳代から低下、腎臓や呼吸器の機能は加齢華麗で低下、36歳は創造性のピーク、平衡感覚は40台から、視力は45歳、味覚は70、から低下。

一方、総合的判断力(結晶性知能)は80台まで右肩上がり、

               寿命は120歳と言われています

これを聞くと少しホッとしますね

Bさん
Bさん

さて、かつて「老人力」というベストセラーがあった。

もうそろそろ年だな、なんて考えるのがそもそも、老化の一歩かもしれない。

100歳過ぎても現役バリバリで活躍する方も多い、一方で若年性の病で倒れる方もおられます。

年だと考えずに、「俺も、そろそろ老人力が身についてきた」と胸を張ってかんがえたい。

ボロボロで植物人間になりたくないと思っている人は多いだろう。

座るときに、「よっこらしょっ!」などという方は、すでに十分な老人力がついてますよ

八尾です 
八尾です 

そうならないためにも、日々のリズムを整えて軽やかに生きていきたいものです。

早寝早起きは三文の得と昔の方は、良い言葉を残してくれています。

Aさん
Aさん
早起きは気持ちよいですね

100歳過ぎても現役を通された、

日野原先生は、「死ぬまで生きる」を最後の一息まで実践されました。
そして、人間の一番大事なものは、「時間」だともいわれています。

八尾です 
八尾です 
見事というしかありません!

日々の一瞬一瞬を大事に、リズムを整えていきたいですね。

息を引き取るその瞬間まで・・・。後期高齢者より、「高貴高麗者」を目指しましょう!!

八尾です 
八尾です 
息を吐いて産声を上げ、息を引き取って死ぬ。人生は、一息。