良い脳波を出そう!!

Pocket

脳波の種類

脳波には、大きく分けると4つあります。

有名なα(アルファ)波、そしてβ(ベータ)波、Θ(シータ)波γ(ガンマ)波です。
このうち、シータ波は、いわゆる瞑想状態のときに出る脳波になります。

Aさん
Aさん
アルファ波には、種類があったのですね

通常出ている脳波は、β(ベータ)波で、普通の活動しているときの脳波です。

14から21ヘルツの波になっています。

 

また、自分を見失っているときに出ているのは、γ(ガンマ)波になります。

以前ここでも取り上げた、アミグダラ・ハイジャックが起こり、扁桃核が緊張して、快・不快の判断が混乱している状況の時です。21から25ヘルツと言われています。

時々は、これかも?
Bさん
Bさん

アルファ波も、細かく分けると3つに分かれます。

アルファ3波は、思考を一点に集中しているときに出てくる脳波になります。

無我夢中で、一心不乱の状況の感じですね。

八尾です 
八尾です 
アスリートは、ゾーンに入るという表現をします

また、ゆったりと休養しているときに出る脳波は、α1波と言われています。

別名「休息アルファ」と名付けられています。7.5から9.6ヘルツの脳波になります。

脳にも休息を

また、一番いいとされているのは、α2波と言われるものです。

別名「アイディアアルファ」と言われています。9.6から11.5までのヘルツの波です。

特に、10ヘルツの時に、創造力が最高にあると言われています。

またその折には、情緒も一番安定して来ます。

リラックス状態で、直感やひらめき出る脳波になっています。

八尾です 
八尾です 
著名な経営者などは、これが優れているのでしょうね

また、この10ヘルツは、宇宙の波長と合う脳波ともいわれ、自然界との調和が大事という事もわかります。

海や山でくつろいでいるときには、この波長になりやすいと思われます。

我々の心身には、様々なリズムがあります。その中でも、特に根幹にあるのがこの脳波でしょう。

心身のリズムが崩れると、情緒も不安定になりやすいものです。

心身の安定のためには、アルファ波がなるべく出るように心がけたいものです。

そのための、キーワードは「リラックス」です。

八尾です 
八尾です 
心身ともに、リラックスできる時間や環境を増やたいしていきたいですね。

前の記事

先人の言葉に学ぶ

次の記事

楽観性について